初期の吹き出物はニキビとは言わずに、毛穴が詰まり炎症してきたのがニキビです。

まず、炎症を抑え、今以上に悪化させないことが大事です。

ニキビに有効であっても、肌そのものに刺激を与えたり、乾燥してしまう成分では肌にマイナスになってしまいます。

ニキビケアに効果的な成分

大人ニキビケアで必要な事は下記の効果が感じられることです。

 保湿

 炎症・皮脂を抑える働き

 肌のターンオーバー

 

成分別にどのような効果があるのか確認してみましょう。

 

サリチル酸

古い角質を調整し、毛穴まわりをすっきりさせて、ニキビになりにくくしてくれる成分。

 

硫黄

殺菌効果や角質柔軟化、皮脂分泌を抑制

 

アラントレイン

新しい表皮細胞の増殖を促し、角質などの古い細胞が剥がれ落ちるのを助ける働きがあります。

 

グリチル酸2K

グリチルリチン酸ジカリウムと同じ成分。常に高い抗炎症作用と抗アレルギー作用をもつ。

 

ビタミンC誘導体

お肌に吸収されにくいところがあるので、それをお肌に浸透しやすい形に改良したもの。

 

トラネキサム酸

アミノ酸の一種で肌を整え、健やかに保つ有効成分

 

グリチルリチン酸塩

マメ科の植物「甘草」から抽出した成分で、高い炎症効果が有ります。

 

グリチルリチン酸ジカリウム

優れた抗炎症作用を示す成分。グリチルリチン酸ジカリウムは、医薬部外品原料規格や日本薬局方外原料規格に収載されており、

医薬品、化粧品の分野で最も汎用されている成分の一つです。

 

オウバクエキス

原因となるアクネ菌の増殖を抑えるといわれております。主成分のベルベリンは静菌効果あり。

 

グリチルレチン酸ステアリル

抗炎症作用が見込まれます。

 

m-トラネキサム酸

シミになる肌特有の状態を防ぐために資生堂の研究から生まれたシミ・ソバカス防止効果が実証された成分。

 

トコフェロール酢酸エステル

血行を促進します。

 

© 2017 ニキビ ケア 人気 rss